読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性は悩みを相談しない・・・男の方が自立してるわけ

 男性は自己解決、女性は友人で解決

20代男性で相談しないのは47.4%、30代男性では相談しないが56.0%となって、年代があがるにつれて自己完結型になっていくようだ。
その理由として、「自分のことだから」「相談し難い」「恥ずかしい」「知られたくない」といった自分の弱みを他人に見せないという“男らしい”意見が多かった。
一方女性は、20代で「誰にも相談しない」は28.8%と低く、「同性の友人」が53.4%となった。
 

 「仕事で悩んだとき、誰に相談しますか?」

女性 1位:友人(39.3%)2位:同僚(34.0%)3位:家族(32.7%)
男性 1位:同僚(36.7%)2位:上司(25.3%)3位:誰にも相談しない(18.7%)女性の場合と違うのは、上位の相談相手に仕事以外のメンバーが入ってこないところ。つまり、恋人にも相談しないということですよね
 

 仕事で悩んだときに、女性は涙もろくなるが男性の3倍

「愚痴をため込まず出す」は男性16.0%に対し女性40.7%と、2 倍以上の差に
 

 恋愛の悩み相談は誰にする

男性の1位は『誰にも相談したりしない』で51.6%。実は半数の人が恋愛の相談は誰にもしていないことが分かりました。
 
 

 痛みを感じたときに我慢強く周りに打ち明けないのは女性より男性

news.mynavi.jp

この結果について、「女性は共感を求めます。男性はプライドやメンツを大事にするのであまり言わないのでは」と推測する。

 

 自殺したいぐらい悩んでいるときも男の方が相談はしない

http://mindfulness.jp/jisatubousi/fl-jisatutaisaku/0704-1103-soudansinaidejisatu.htm

未遂者が周りに相談していたのは女性が33.4% 男21.8%

 

 悩み相談時に男女がすれ違うワケ「女性は共感」「男性は解決」

アメリカ・ジョージタウン大学のデボラ・タネン教授は、その著書のなかで、男女が分かり合えず、すれ違ってしまう理由を性差として表している。
 
女性の場合、特にまだ論理的な思考ができない幼少期は、相手とのつながりを重視する。例えば、友達の女の子が人形を持っていると言えば、ワタシも同じものを持っていると答える。…共感を求めている
対して男の子は、幼いほど競争心がむき出しになり序列を重視する。例えば相手がラジコンを持っていると言えば、ボクは2台持っていると答える。…序列を重視する。
 
女性が男性に相談ごとをする場合、多くは共感を求めているにすぎない対して男性は、問題解決にやっきになるあまり、相談者の落ち度を指摘したり命令口調で助言したりするなど、女性が求めていない答えが多い。

 


人気ブログランキングへ