読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分娩時の陣痛に耐えれる女性の方が痛みに強いというのはウソ

女性の方が痛みの閾値が低いため同じ痛みでも強く感じる。

女性は一生を通じて男性より痛みが多く、そして強く訴える。痛みには性差があり、女性の方が痛みの閾値が低いため同じ痛みでも強く感じる。(Berkley.K.J.1997)分娩時の陣痛に耐えうる女性の方が痛みに強いというのは誤りであるらしい。

https://www.fujipharma.jp/product/infertility/smartbook/Supple01.pdf#search

 女性は、出産をするから、男性より痛みに強いはウソ!?

女性は、出産をするからか、男性より痛みに強いとよく言われます。しかし、新しい研究は女性が男性より痛みに上手く対処できるという意見に疑問を投げ掛けます。

実際のところは、女性は、男性より、特定の病気や状態の痛みを強く感じるようです。
この研究では、首の痛み、関節痛、副鼻腔炎、ヘルニアなど多くの病気で、自己申告の痛みの強さに男女差があることを発見しました。

米国のスタンフォード大学医学部の准教授のアトゥール・ビュート(Atul Butte MD PhD)氏らが、Journal of Pain誌電子版に12日付で報告しました。

この研究者によると、この研究はこの種の研究で最大規模のものです。

 まず7万2千人以上の患者の1つ以上の状態の痛みスコアが記録された医療記録を特定しました。250以上の診断で、16万以上の痛みスコアを発見しました。
全ての患者が、痛みの程度を、「痛みがないこと」を表わす 0 から、「最悪」を意味する 10 までのポイントで評価しました。
そして、1万1千人以上の男性と女性で、報告された疾患特異的な痛みスコの差を分析しました。

47の病気と痛みを伴う状態を調べて、14の場合で、女性は男性より非常に大きい痛みを感じたと報告したことを発見しました。
 状態によっては、女性は、男性より、痛みの強さをまるまる1ポイント高く評価しました。

 

 

dwhr.hatenablog.com

 

 

dwhr.hatenablog.com

 

 

dwhr.hatenablog.com

 


人気ブログランキングへ