読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性の方が痛みに強いのでは(三叉神経領域における温度刺激での実験)

三叉神経領域における温度刺激に対する知覚および疼痛閾値の性差について

研究の目的

三叉神経領域における温度刺激に対する知覚および疼痛閾値の性差を明らかにすることである。
 

 被験者

健常成人80名(男女各40名,平均24.7歳)を選択した。
 

 方法

三叉神経領域における温度刺激に対する知覚および疼痛閾値の測定には,定量的感覚検査機器(TSA-II®, Medoc)を用い,両側頬部皮膚に温度刺激を加えた.性差,左右側差の影響の有無について二元配置分散分析を用いて検討を行い、平均値の差の検定にはt検定を用いた.解析にはSPSS Statistics® 17.0を用いた。
 

 結果

温刺激に対する知覚閾値には性差が有意に影響しており,女性の温刺激に対する知覚閾値の平均値は男性に比べ有意に低かった.冷刺激に対する知覚閾値には性差の影響を認めなかった.温刺激に対する疼痛閾値にも性差が有意に影響しており,女性の温刺激に対する疼痛閾値の平均値は男性に比べ有意に低かった.冷刺激に対する疼痛閾値には性差の影響を認めなかった.いずれの計測値にも左右側差の影響を認めなかった。
 

 結論

三叉神経領域における温度刺激に対する知覚および疼痛閾値には性差が存在し,温刺激時の知覚閾値および疼痛閾値は女性が男性に比べて低いことが明らかとなった
 
顎関節症をはじめとする慢性疼痛疾患はなぜ女性の方が多いのか、今回の実験では女性の方が痛みに弱いことが分かった、やはり男性の方が頑丈にできてるのかもしれない。
 
 

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村