読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱病の症状に男女で違い

やはり女性は女性ホルモンの影響からメンタルが弱くなりがちなようです。一方、これもホルモンの影響かもしれませんが、男性は攻撃的な態度、危険な行為に走りやすいみたいです。

www.men-joy.jp

■1:女性のほうが精神的ショックからうつ病になりやすい

家族の死、失恋、失業。こうした辛い出来事に直面した場合、女性のほうが、うつ病になりやすいようです。おそらく女性ホルモンの影響ではないかと専門家は述べています。

■2:女性のほうが摂食障害を併発しやすい

食欲が全くわかなかったり、逆に過食に走ってしまったりする摂食障害は、うつ病の症状のひとつ。うつ病による摂食障害は、女性のほうが陥りやすいのだそうです。

■3:女性のほうがくよくよ悩みやすい

うつ病にかかったとき、男性より女性のほうがくよくよ悩みやすく、わけもなく泣いたり、自分を責めたりしがちなようです。他方、男性の患者は、気分が落ち込んでも気を紛らわして、症状をやわらげる傾向があるといいます。

■4:男性のほうが危険な行為にのめりこみやすい

さきほど“男性のうつ病患者は気を紛らわせる傾向がある”と述べましたが、気晴らしが危険な方向に向かってしまうことも……。たとえば酒におぼれたり、仕事中毒になったり、ギャンブルにはまったり、無謀な自動車運転を試みたりなどです。

また男性のほうがイライラしたり、怒りっぽくなったりするといいます。

■5:男性のうつ病は発見が遅れやすい

性差として、女性のほうがうつ病にかかりやすく、また症状も出やすいといえます。

では、男性はうつ病のリスクが低いのかというと、そんなことはありません。男性は症状が現れにくいために発見が遅れて、うつ病が深刻化するという問題を抱えているのです。

■6:男性のほうが自殺しやすい

上で、“男性のうつ病は発見が遅れやすい”と述べましたが、男性の場合、誰にも気づかれないまま症状が深刻化し、自殺という最悪の結末を迎えるリスクが高くなっています。