読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性はどうして男より弱いといわれるのか

 女性のメンタルが不安定な原因はセロトニン

セロトニンは、心のバランスを整える作用のある神経伝達物質であり、精神を安定させる作用があります。

www.kenkoweb.jp

セロトニンが不足すると心のバランスを崩す

セロトニンが不足すると、感情が安定せずにイラつきやすくなったり、うつ病不眠症のような症状が出てきたりします。さらに、自律神経が不安定となり自律神経失調症といった症状を引き起こす原因となっています。

xn--hckmjst0cxa5a1lthic2jb2k.com

セロトニンは女性は男性の半分しかなく、さらに減りやすいことが分かっています

研究により、女性は男性よりもセロトニンを生産する力が弱いということが分かっています。その差は約52%です。セロトニンの原料であるトリプトファンが不足した場合、脳内のセロトニン合成は、女性は男性の4倍減少することが分かっています。

生理前になるとただでさえ少ないセロトニンがさらに減少する。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は、セロトニンの分泌と比例関係があるとされています。つまり月経前にエストロゲンが減ってしまうことによって、セロトニンも減ってしまうという状態です。
そのため、PMSは精神的・身体的に不安定な状態になってしまうとのこととです。

xn--hckmjst0cxa5a1lthic2jb2k.com

 うつ病等の精神疾病など、心身に様々な悪影響が現れる原因に

 

うつ病患者の性別を比較すると、女性の方が男性の2倍も多くなっています。理由はいくつか考えられます。1、女性は男性に比べてセロトニンの分泌量が少ないこと。2、生理周期や閉経、出産など女性ホルモンの変動によるもの。3、感情的に繊細な場合が多いこと。…などです

xn--p8jvb6a2nx33wr1ijfv71e.com


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村