女性の稼ぎが男性より多いカップルは、双方が浮気に走りやすい

専業主夫志望の男とは絶対結婚すべきではない。

妻に経済面で依存している男性ほど浮気する可能性が高い…、コネチカット大学の研究からこのような驚きの統計結果が報告されました。

経済的に夫に完全に依存している女性が浮気する可能性は5%、経済的に妻に完全に依存している男性が浮気する可能性は15%と女性に比べかなり高い数字に。

逆に夫の収入に依存している女性の場合、不倫する確率は小さくなるという。

彼女に対して恩返しすべきではないかと誰しもが思うタイプの人間ですが、そんな「ヒモ」状態の男性ほど最も浮気するという研究結果が出ています。

家庭で肩身が狭い思いをすることで失ったプライドを、浮気することで自分を納得させる?

配偶者に経済的に完全に依存している場合、旦那のほうが奥さんよりも浮気をする可能性が高かったことは、「男らしさ」を挽回したいという欲求が他の女性に向かうため。

これは「経済的な力が無い」という夫側のプライドが関係していて、複数の女性と関係を持つことで自尊心を回復しようする心理なのです。

研究によると、男性の収入が配偶者の収入に対して増えるほど、浮気をする確立は低くなるという。

妻の収入が夫より多い家庭は夫の浮気率が高い

同じような研究は、アトランタで開かれた米社会学会(2010年)でも報告されている。米コーネル大学の研究チームによる「夫は妻より経済力が落ちると浮気を始める」というもの。

稼ぎがパートナーより少ない男性では、そうでない男性よりも浮気率が高いという結果だった。

男性が稼ぎ頭の役割を失っていれば、「浮気」という手段で男のプライドを回復しようとしているのではないかと見ている。

女性の場合は少し異なる。「稼ぎ手」の女性は、そうでない女性よりも浮気する確率は高い。つまり、女性の稼ぎが男性より多いカップルは、双方が浮気に走りやすいという絶望的な状況にある。

男性をうまく立てられる日本人女性は、非常に男受けがいいそうです。

「日本人女性がモテる理由」と「モテる日本人女性の特徴」を考察してみたいと思います。

料理上手な日本人女性は、男性の心を掴んで離さない

昔から「男心を掴むには胃袋をつかめ」なんていわれているのですから、料理上手な女性は男性の心をしっかりとつかんで離さないのですね。

料理上手な奥様もしくは彼女を持つと浮気をすることも少ないそうです

男性をうまく立てられる日本人女性は、非常に男受けがいいそうです。

男性というのは、多くの場合、非常にプライドが高いもの。

プライド、自尊心を満たしてくれる女性が男性は好きなんですね。

男性に恥をかかせないようにうまく男を立ててくれる

料理や家事が得意、尽くしてくれるイメージがある!?

一般的に、日本の女性は「尽くす」タイプの人が多いと考えられています。控えめで献身的でもあるのでしょう。

日本人女性は、料理もしっかり作れて、お掃除などの家事も完璧だと思っている男性は多いみたいです。

「男の人には家事をしてほしくない」と相手を気遣うことができる

気性が荒くないから

他国の女性と比べて、気質が穏やかで感情的に話すことが少ない日本の女性たち。

そんな人と一緒にいれば無駄なストレスを抱え込まなくて済みます。

気が強い女性では家庭に安らぎを求められない

やはり、自己主張の強い世界基準の中で、日本人女性の「控えめな姿勢」は光り輝いて見えます。

他人の意見を慎ましく聞き、思いやりのある女性は万国共通で人気があるわけです。

男性の浮気をされやすい代表的な特徴

1.気持ちを言葉にしないから

好きだよ
愛してるよ
こんなセリフをさらっと自分から言える男性は少ないのですが、言わなすぎる男性は浮気をされやすい代表的な特徴の1つです。
気持ちを伝えるのは恥ずかしいかもしれませんが、女性から愛情を得るには、自分から伝えることが大事です。

2.いつも受け身な態度だから

物事を決めるとき、ハッキリと自分の意思を伝えられる男性はいいのですが『何でもいいよ!』『お前の好きなところでいいよ!』と、全て女性に任せっぱなしにしている受け身な男性は、浮気される確率が高くなるのです。
いつも優柔不断で頼りない。自分からエスコートもできない男は情けない
女性にあれやって、これやってといわれ使われっぱなしの男性は浮気されます。
付き合いが長くなっても、たまには「彼に引っ張ってもらいたい!」と思うのが女心ですよね。
そんな心理を理解しないで何も決めようとしない男性は、他の男に彼女を取られやすいのです。
大事なときにしっかり頼れる男性は、女性が信頼でき、この人となら大丈夫と思えます。

3.いつも女々しいから一緒にいることがイヤになる

『ちょっとした言い合いになるとすぐに謝るところがイヤ。ウジウジと悩んだり落ち込んだりしている姿にも男としての魅力を感じない』(30歳女性/営業職)
 
男性には男らしく大きな姿を見せてほしいもの。愚痴を延々と言ったり、何日も落ち込んだりといった女々しい姿を見ると、途端に愛情が冷めてしまい、他の男性に目移りしてしまう可能性があります。
女性は女性、どんなに強く見えても「守ってもらいたい」という願望は心のどこかにはずっとあるのです。
ですから、彼女に甘えて、まるで彼女に守ってもらいたいかのように振る舞う男性はいつか見捨てられてしまいます。

4.怒ることをしない

怒らないことを優しさと勘違いしている男性も、浮気をされやすい性格です。
彼女に呆れられる男性の特徴!恋人が何をしても怒らない!
間違ったことをしたときには叱ってほしいと思う女性は多いもの。
また、本来怒るべきところで何も言わない男性は「女性に舐められる」ことがあるので要注意です!
 

5.スキンシップが少ない

 
妻/彼女を女性扱いしていない
女性扱いされないと、女性の気持ちはどんどん冷めていきます。

6.お金の使い方がシビアすぎる、またはルーズ

男から見ても割り勘はカッコよくはないよ。女性には払わせないつもりで

専業主婦の不倫率は低い。~勤労主婦は専業主婦の4倍以上の不倫率~

専業主婦の不倫率は低い。~勤労主婦は専業主婦の4倍以上の不倫率~

結婚後、不倫の経験があるか?(既婚女性にアンケート)
専業主婦:専業主婦になってからの不倫経験率 4.5%
就労主婦:勤めながらの不倫経験率 21.5%

共働きなら浮気を覚悟?

相手の男性とはどこで出会ったか?(既婚女性にアンケート)
職場  :59%
職場以外:勤めながらの不倫経験率 41%

職場での出会いが、不倫へ発展する場合が多い。

毎日顔を合わせると、人は親近感を増すようになると心理学では言われている。

女性の収入に依存する男性は浮気しやすく、男性の収入に依存している女性は浮気しにくい

マンチ氏が米学術誌「アメリカン・ソシオロジカル・レビュー」6月号に掲載した論文によると、生活費を妻の収入に完全に依存している若い男性が浮気をする確率は年平均で15%。逆に、男性の収入に依存している女性の場合、この確率は約5%にとどまるという。
特に男性が稼ぎ頭の役割を失っていれば、彼は男らしさを回復するために何らかの行動に出る可能性が高い。マンチ氏は「追い込まれた男性は浮気をすることで収入の多い妻から距離を置くか、妻を罰しようとする」と述べた。

共働き夫婦の増加。しかし、それに比例して共働き夫婦の浮気が増えているようです。

探偵事務所の統計データよると共働きをしている妻が浮気をしているケースが多く、これは夫以外の男性との接触する時間が多くなっている事が原因と言えます。
これまで専業主婦だった女性が働くことになれば、それまでの狭い人間関係から脱出し、新しい知り合いや同僚などとの付き合いが生まれるのです。
たまたま自分好みの男性が現れれば、少なからず好意を持つでしょうし、そのような男性から
猛アタックを受けたらどうなりますかね?

自分も一度くらいは浮気や不倫してみても良いかな?

共働きする女性が増えれば、確実にこのような考えを持つ女性は増えます。
残念ながら家庭を持つ男性にとっては残酷な時代となってしまうかもしれません。
共働きで、子なし夫婦の場合、子供がいる夫婦と違い、妻側も経済的にゆとりがあり、自由に外出ができるため、バレにくくて表ざたになりにくい。特に妻が夫よりも収入が多い場合、不倫の確率が高くなるという傾向がある。
このように、夫婦共働きの家庭では、浮気の確率が高くなってしまう傾向にあります。
しかしその逆に、浮気発覚の確立は共働きがゆえに低くなってしまうのです。

経済面で完全に妻に依存している若い男性は浮気をする可能性がはるかに高い

経済面で完全に妻に依存している若い男性は浮気をする可能性がはるかに高いことが、米コネチカット大学のクリスティン・マンチ教授(社会学)の研究で明らかになった。

 

Munsch氏らは、2001~2011年に米国の既婚者2750人超(18~32歳)から収集したデータを分析。すると、経済的に夫に完全に依存している女性が浮気する可能性は5%、経済的に妻に完全に依存している男性が浮気する可能性は15%だった。

 

経済的に独立できない男性側が浮気に走る原因としては、「男らしさ」を挽回したいという欲求が他の女性に向かうため。
これは「経済的な力が無い」という男性側のプライドが関係していて、複数の女性と関係を持つことで自尊心を回復しようする心理なのです。
また一方で自分よりも経済力のある彼女への嫉妬的な要素、心の中で彼女から離れたいと望んでいる場合もあると考えられます。

 

マンチ氏の研究によると、世帯収入への貢献度が大きくなるにつれて夫が浮気をする可能性は低下する。

夫は妻より経済力が落ちると浮気を始める

パートナーより収入が低い男性、浮気をする確率は5倍―米大学

経済面で完全に妻に依存している若い男性は浮気をする可能性がはるかに高いことが、米コネチカット大学のクリスティン・マンチ教授(社会学)の研究で明らかになった。

 

マンチ氏らは、2001~2011年に米国の既婚者2750人超から収集したデータを分析。すると、経済的に夫に依存している女性が浮気する可能性は5%と低かったのに対し、経済的に妻に依存している男性が浮気する可能性は15%だった。

 

パートナーより収入が少ない場合、男性のほうが女性よりも浮気をする可能性が高かったことは、「この理由は、男性らしさに対する"脅威"で説明がつくと思われる」と話している。

男性が稼ぎ頭の役割を失っていると、彼は男らしさを回復するために何らかの行動に出る可能性が高い。

つまり、経済的に独立できない男性側が浮気に走るのは、「男らしさ」を挽回したいという欲求が他の女性に向かうためということです。
これは「経済的な力が無い」という男性側のプライドが関係していて、複数の女性と関係を持つことで自尊心を回復しようする心理なのです。
また一方で自分よりも経済力のある彼女への嫉妬的な要素、心の中で彼女から離れたいと望んでいる場合もあると考えられます。

 

マンチ氏の研究によると、世帯収入への貢献度が大きくなるにつれて夫が浮気をする可能性は低下する。

同じような研究は、アトランタで開かれた米社会学会(2010年)でも報告されている。

コーネル大学の研究チームによる「夫は妻より経済力が落ちると浮気を始める」というものである。
それによると、全く収入がない、または収入がパートナーよりも低い男性は、そうでない男性よりも浮気率が5倍も高かった。
 
逆に妻が夫よりも収入が多い場合、妻の不倫の確率が高くなるという傾向がある。
高収入の女性は、そうでない女性よりも浮気する確率は高いということである。
つまり、女性の稼ぎが男性より多いカップルは、双方が浮気に走りやすいという絶望的な状況にある。
 
一方で、男性パートナーに経済的に依存している女性の場合は、パートナーと同程度の収入がある女性に比べ、浮気する確率は半分にとどまった。
要するに旦那の収入に依存している奥さんの方が浮気しない傾向にある。
収入が少ない女性は浮気の機会が少ないことが要因ではないかとマンチ氏は分析する。
マンチ氏はこの理由を次のように説明する。
女性らしさは、一家の稼ぎ手というステータスに無縁なので、男性への依存は『女性らしさ』への脅威にはならない。
それどころか、経済的な依存は女性を貞淑にさせる傾向がある

おしとやかで清楚な日本女性。安心して家を任せられる。

大和撫子は良妻賢母であること。この一言に尽きます。

夫を誰より愛し、尊敬していていて、真面目で貞淑、清純、勤勉、料理ができ、家事が得意、子供好き、美しければ言うことなしですね。
妻が料理を作ってくれないため、家に帰るのが嫌になってしまう・・・。
そういう蟻の一穴から、不倫が始まったりする。実のところ、要注意です。
だから、料理が重要、といわれる所以です。そして料理が上手な人は、床上手とも言われますからね。
ごく普通の毎日の食事が重要で、淡々と、退屈な家事も、好きな人の健康のためを思ってこなしてくれる女性がいいです。
「男心を掴むには、その人の胃袋を掴むのが一番」という言葉があるように、男性の胃袋を掴むことの上手な日本人女性は必然的にモテモテになるでしょう。

おしとやかで清楚な日本女性。安心して家を任せられる。

おしとやかで清楚日本女性を撫子の花に例えて『大和撫子』と言います。
ガンガン積極的な女性は、うっとうしがられることもしばしば。
気が強いヒステリーな女性は男性が最も苦手なタイプです。
単純に優しく包容力がある女性は、安心感があり、 同棲や結婚をしていればすぐに家に帰りたくなる女になります。
男性はずっと一緒にいたい結婚相手を選ぶ時は大人しくて地味系な女性にプロポーズしやすい。 それは、物静かな人と一緒にいるのが一番心が安らぐからでしょう。

控えめで男を立てることができる

大和撫子はオトコを立てることがとっても上手。相手に『手離したくない!』と思わせてしまう、正に男性陣にとっては理想的な女性です。
男性に対して強く出たり、男性を尻に敷くようなことはありません。
プライドの高い男性であればなおさら、出しゃばる女性よりも男を立てるオンナの方が好感を持つもの。
こうした謙虚な女性ほど男性を立てるのがうまいもの。
男性のプライドを守ってくれる。そんな女性が大切にされないわけがありません。
古風にも感じられますが、男性はやはり男性の3歩下がってついていくような大和撫子が理想なのです。
自分自分を押しだしすぎたりはNG!「三歩下がって歩く」「男性を立てる」「謙遜する」昔ながらの大和撫子タイプの女性は永遠に男性の憧れってことですよね。

慎ましく謙虚で女性らしい

最近の男性が女性に対しては勿論のこと恋愛や結婚に興味を持たないのは上から目線の女性に興味がない、楽しくない、喜びがないのです。
だから最近の男性から恋愛や結婚や女性に対して「面倒だ」という言葉が出るのです。
女々しい男が嫌われるのと同じように、男っぽい女なんてうざいだけ