読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざというとき冷静な男性と不安を感じる女性

メンタルヘルス

 

地震や雷の時キャーと悲鳴を上げるのが女性ばかりなのを、なぜだろうと不思議に思いませんか?

男性の場合、中学生ぐらいにもなれば、割と冷静にしていると思います。

実は女性の脳は男性よりも不安を感じやすいのです。

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が男性よりも女性は少なく、その為女性は男性よりも情緒不安定になりやすく不安を感じやすい体質なのです。

お化け屋敷なんかでも、泣いてるのは女性か子供ばかりですよね?

例えば、女子が集団で発作を起こして失神したという事件を聞いたことがあるという人も多い十思います

恐怖や不安を感じた時、集団ヒステリーや集団パニックはほぼ女性か子供にしか起こらないそうです。

男性の歴史的役割から考えて、いざという危機的な状況で発作なんか起こしていたら、すぐに死んでいたでしょう。

例えば、自然災害時の心と体も女性の方が負担が大きいです

脳の血管の障害で起きる脳卒中

通常は男性の方が多く発症する病気です。

 震災後の発症率は男性が通常の1.3倍だったのに対し女性は1.8倍に伸びていました。

強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、トラウマとなってしまうのは女性の方が多い。

同じ被害を受けても女性のほうがPTSDを発症しやすいことがわかっています。

男性の方が、自然災害の時とかに真っ先に現場に駆け付け、救助活動を行ったりしなくてはいけません。

救助の優先順位も女性や子供、お年寄りが先で、男性は最後です。

家族を守るというオスの役割から、危機に冷静に対処する事が身についたのではないでしょうか?

dwhr.hatenablog.com

 


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

痛みを口に出す女性と、我慢する男性

痛みに対する反応に性差があるそうです。

一般的に、男性より女性の方が痛みを声に出して表現することが多く、痛みを除く治療法を探すことも多いとのことです。

「性差と痛み」に関するセミナーで発表されたアンケートによると、男性は我慢、女性は痛み止めを服用し、周囲の人間に頼ることが多いという結果になった。

女性は共感を得るため自分の体の痛みを他人に話すことが、男性より多い。

一方男性はプライドや弱音を吐けない社会的立場から、痛みを我慢してしまう人が多い。

なぜ女性は痛みを感じやすいのか?

女性にとって不利な条件が多いからです。 痛みを抑制するホルモンであるテストステロンの分泌が女性は少ないです。

また、女性は神経をまもってくれる他、関節を支えてくれる筋肉が少ないため、生物学的に痛みを感じやすいのです。

さらに筋肉が少ないということは、冷え性も多いということです。 体が冷えると、冷えた箇所の血液の流れが悪くなり、酸素や栄養素が十分に運ばれなくなったり疲労物質がたまりやすくなります。

その結果痛みが悪化したり、治りが遅くなったりします。

 

dwhr.hatenablog.com

 


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

打たれ弱いのは女性の方?!

同じような精神的ショックを受けても、女性の方がダメージを受けやすい

家族の死、失恋、失業。こうした辛い出来事に直面した場合、女性のほうが、うつ病になりやすいようです。おそらく女性ホルモンの影響ではないかと専門家は述べています。

www.men-joy.jp

同じような体験をしたからといって、全員がPTSD心的外傷後ストレス障害)を発症するわけではありません。
同じ被害を受けても女性のほうがPTSDを発症しやすいことがわかっています。

www.ishamachi.com

世の中には女性は強いという相手に媚びる男はたくさんいるが、個人的には今まで生きてきて本当に強い女性というのを見たことがない。


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

男は孤独を愛するがゆえに孤独に陥る

メンタルヘルス

 学生時代を思い返しても女性はトイレまで友達と一緒に行くという光景をよく目にした。確かに一人で行動する場面は男性に比べると少ないと思う。

ホルモンの影響もあって、女性は、男性よりも『寂しさ』『孤独』などを感じやすいと言われています。

出典孤独で寂しいときには、どうすれば良いですか? | 心理学の時間ですよ!!

科学的にも女性に男性ホルモンを投与すると協調行動をとらなくなると、実験によって証明された。

ロンドン大学(University of London)のニコラス・ライト(Nicholas Wright)氏率いる研究チームは、テストステロンを投与された女性たちが協調行動をとりにくくなることを実験で示した。

男性には一人の時間が必要。常に精神が張っている状態にあるため、心が落ち着ける場面が女性より少ないのだと思う。

性ホルモンのテストステロンは孤独を好む傾向を強めることが知られている。ストレスがかかったとき、女性より男性のほうがひとりになって、いろいろ考えたりする時間が欲しくなるのはこのため。

テストステロンは孤独を愛するホルモンと呼ばれていて、誰にも干渉されたくなくなる

高テストステロン男性は、仲間意識が強い反面、ひとりになりたがることが多いのも特徴です。趣味に没頭したり、ひとりでドライブや釣りに行ったりします。このホルモンが別名“孤独を愛するホルモン”と呼ばれているのもうなずけます」

孤独を愛するホルモンとは、大昔に、明日の狩りや戦いに備えて、ひとりで体を休める必要があったという習性が、現代にも残っているようです。

男性ホルモンは闘争心を掻き立て、やる気を生み出し、人を孤独にも強くする効果がある事が知られています。

dwhr.hatenablog.com

 

 


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

鬱病や不安障害など、メンタル疾患はなぜ女性が多いの?

メンタルヘルス

 

女性が自律神経のバランスを乱しやすいのは、複雑かつデリケートな性ホルモンのリズムが関係しているからです。

うつ病や自律神経失調症・パニック障害は、圧倒的に女性に多く見られますこれは、自律神経の働きと女性特有のホルモンとの間に密接な関係があらからです。

そもそも自律神経の中枢にある脳の視床下部(ししょうかぶ)には、ホルモンの中枢もあります。これは、男性も女性も変わりません。しかし、思春期に女性ホルモンの分泌が高まると、それ以降は初老期まで比較的安定している男性に比べ、女性のほうが複雑かつデリケートといえます。

初潮を迎え、その後は毎月の生理、出産、授乳、閉経と、ホルモンのリズムの変化が自律神経の働きに影響を与えるのです。特に、女性ホルモンの分泌が不規則な思春期や低下する更年期は、「からだ」も「こころ」も不安定になるため、自律神経症状を訴える女性が多いです。

ark-seitai.com

社会不安障害は、女性に多く、男性の約2倍もみられます。

男性よりも女性の方が不安を感じやすいと言われています。

実は幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が男性よりも女性は少なく、その為女性は男性よりも情緒不安定になりやすく不安を感じやすい体質なのです。

女性は、男性に比べ2倍うつ病が多い

うつ病患者の性別を比較すると、女性の方が男性の2倍も多くなっています。理由はいくつか考えられます。1、女性は男性に比べてセロトニンの分泌量が少ないこと。2、生理周期や閉経、出産など女性ホルモンの変動によるもの。3、感情的に繊細な場合が多いこと。…などです

xn--p8jvb6a2nx33wr1ijfv71e.com

女性に発症しやすい…?!強い精神的ストレスが原因で発症する”PTSD”とは?

生まれつきの性格や遺伝、育った環境などが関係しており、PTSD心的外傷後ストレス障害)が発症しやすい人と、発症しにくい人に分かれます。男性よりも女性に発症しやすく、子どもから大人まで発症する疾患です。

www.skincare-univ.com

女性に多いパニック障害 女性患者は男性の3倍

不安や恐怖心が強い人に多い不安や恐怖心が強い人に多パニック障害になりやすいのは、もともと不安や恐怖心が強いタイプの人。幼いころから内気で人見知りが強く、親から離れるのが不安だった人や、高所や閉所、犬などを怖がっていた人などは、なりやすい性質を持っているといえます。

パニック障害という病気に至るのは、100人のうち3.4人の割合だと推定されています。男女別では女性に多く、男性の3倍になります。また女性のなかで、もっとも起こりやすい年代は30代。次いで20代となっています。30代女性では100人に7、8人の割合で起こるというこのパニック障害。20代~30代の女性がとくに気をつけたい病気なのです。

 

 


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

女性はどうして男より弱いといわれるのか

メンタルヘルス

 女性のメンタルが不安定な原因はセロトニン

セロトニンは、心のバランスを整える作用のある神経伝達物質であり、精神を安定させる作用があります。

www.kenkoweb.jp

セロトニンが不足すると心のバランスを崩す

セロトニンが不足すると、感情が安定せずにイラつきやすくなったり、うつ病不眠症のような症状が出てきたりします。さらに、自律神経が不安定となり自律神経失調症といった症状を引き起こす原因となっています。

xn--hckmjst0cxa5a1lthic2jb2k.com

セロトニンは女性は男性の半分しかなく、さらに減りやすいことが分かっています

研究により、女性は男性よりもセロトニンを生産する力が弱いということが分かっています。その差は約52%です。セロトニンの原料であるトリプトファンが不足した場合、脳内のセロトニン合成は、女性は男性の4倍減少することが分かっています。

生理前になるとただでさえ少ないセロトニンがさらに減少する。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は、セロトニンの分泌と比例関係があるとされています。つまり月経前にエストロゲンが減ってしまうことによって、セロトニンも減ってしまうという状態です。
そのため、PMSは精神的・身体的に不安定な状態になってしまうとのこととです。

xn--hckmjst0cxa5a1lthic2jb2k.com

 うつ病等の精神疾病など、心身に様々な悪影響が現れる原因に

 

うつ病患者の性別を比較すると、女性の方が男性の2倍も多くなっています。理由はいくつか考えられます。1、女性は男性に比べてセロトニンの分泌量が少ないこと。2、生理周期や閉経、出産など女性ホルモンの変動によるもの。3、感情的に繊細な場合が多いこと。…などです

xn--p8jvb6a2nx33wr1ijfv71e.com


健康と医療 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

鬱病の症状に男女で違い

メンタルヘルス

やはり女性は女性ホルモンの影響からメンタルが弱くなりがちなようです。一方、これもホルモンの影響かもしれませんが、男性は攻撃的な態度、危険な行為に走りやすいみたいです。

www.men-joy.jp

■1:女性のほうが精神的ショックからうつ病になりやすい

家族の死、失恋、失業。こうした辛い出来事に直面した場合、女性のほうが、うつ病になりやすいようです。おそらく女性ホルモンの影響ではないかと専門家は述べています。

■2:女性のほうが摂食障害を併発しやすい

食欲が全くわかなかったり、逆に過食に走ってしまったりする摂食障害は、うつ病の症状のひとつ。うつ病による摂食障害は、女性のほうが陥りやすいのだそうです。

■3:女性のほうがくよくよ悩みやすい

うつ病にかかったとき、男性より女性のほうがくよくよ悩みやすく、わけもなく泣いたり、自分を責めたりしがちなようです。他方、男性の患者は、気分が落ち込んでも気を紛らわして、症状をやわらげる傾向があるといいます。

■4:男性のほうが危険な行為にのめりこみやすい

さきほど“男性のうつ病患者は気を紛らわせる傾向がある”と述べましたが、気晴らしが危険な方向に向かってしまうことも……。たとえば酒におぼれたり、仕事中毒になったり、ギャンブルにはまったり、無謀な自動車運転を試みたりなどです。

また男性のほうがイライラしたり、怒りっぽくなったりするといいます。

■5:男性のうつ病は発見が遅れやすい

性差として、女性のほうがうつ病にかかりやすく、また症状も出やすいといえます。

では、男性はうつ病のリスクが低いのかというと、そんなことはありません。男性は症状が現れにくいために発見が遅れて、うつ病が深刻化するという問題を抱えているのです。

■6:男性のほうが自殺しやすい

上で、“男性のうつ病は発見が遅れやすい”と述べましたが、男性の場合、誰にも気づかれないまま症状が深刻化し、自殺という最悪の結末を迎えるリスクが高くなっています。